日本で営業する韓国のSBJ銀行

はじめに

日本では多くの銀行がありますが、外国銀行においても日本の銀行として免許が与えられることがあります。このような外国銀行は、日本で営業する中において、万一、銀行破たんに陥っても保証機関によって預金が保護されるようになるため、安心感できるとされています。外国銀行であっても外国人だけでなく、日本人が利用する機会が多くなっているそうです。

日本で免許を得た銀行は現在2つのみで、1つは広く知られているシティバンク銀行があります。もう一つは、最近、設立された銀行のSBJ銀行です。SBJ銀行は、韓国の銀行である新韓銀行の在日支店から業務を譲受することで、日本の銀行となった銀行です。

シティバンク銀行と大きな違いは、SBJ銀行が在日韓国人によって作られた銀行であるため、本来、その目的や利用者は韓国人や在日韓国人が中心にあるということにあります。

このSBJ銀行は、日本国の銀行として使いやすく、もっと便利な銀行として活用されるために、得なサービスや高い金利を提供するといったことを特徴としています。とりわけ定期預金の金利は圧倒的に高い(http://www.woman110.com/200807/)です。ですので、その面からも知る人ぞ知る銀行となっています。そこで、これから、SBJ銀行を利用したいと考える人にとって、どのようなメリットがあり、またデメリットがあるのかということについて気になることでしょう。

SBJ銀行を使うことによるSBJ銀行の特徴などについても詳しく知る必要があるでしょう。SBJ銀行は、使い方によっては、非常に得な銀行です。たとえば、高金利の預金、ATM手数料や振込み手数料が無料になるのです。