日本で営業する韓国のSBJ銀行

SBJ銀行の活用法

SBJ銀行は、シティバンク銀行と同じく外国銀行でありながらも、日本銀行として免許を得て営業を行なう銀行です。保証においても日本の銀行と変わらないので、他の外国銀行との異なる点とされています。

SBJ銀行が日本で営業を始めたのは2009年で、それ以降は新たな銀行として、サービスが充実されるようになり、日本の銀行としての機能をもつようになっています。そこで、サービス面においても特徴が見られるようになっているのです。

たとえば、SBJ銀行では、韓国の銀行を資本にするといった特徴がよく表れた銀行で、定期預金の金利が高いことが人気です。SBJ銀行は、日本の銀行の中でも金利が高いため、活用次第では資産づくりに役立つものになるとされています。

さらに、SBJ銀行であるなら、外界預金が気軽に行えるため、さらに金利が高いウォン建て定期預金を組むことができます。これであるなら、為替変動や韓国の経済成長による金利上昇を期待して多く利息を受け取ることが得られることでしょう。

また、SBJ銀行の特徴は、ATMや振込み手数料が無料となるといったメリットがあるので、ATMや振込み、ネットバンキングをよく利用する人にとっては非常に便利な銀行です。セブン銀行やイオン銀行のATMと提携し、最近はイーネットのATMと提携したことから、ますます便利になったとされています。ネットバンキングにおいてもセキュリティが整備され、使いやすい銀行として評判となりつつあるようです。