オリックス銀行は預金に有利な信託銀行

信託銀行について

信託銀行とは銀行のうち、信託業務を行なうために許可を受けた銀行のことをいいます。信託銀行では、預金者から預かった資金を有価証券などにして資金を運用します。そして、利益が出ると、その資金を預金者に配分することを行ないます。

これは金融信託といったものですが、他には企業など年金基金を運用する年金信託や集めた資金をある事業などに長期的に貸し付ける貸付信託といったサービスもあります。つまり、信託銀行では、預金者などから集めた資金を運用して利益を配分するといったことを行なう銀行です。

信託による運用では、通常の預金よりも高い利回りが期待できることを特徴としています。そこで、信託銀行の利用では、高い金利によって利益が得られるようになることから、資産づくりを行なう銀行として注目できるもとをされているのです。

また信託銀行の中には法人向けを主とする銀行も多くあることが特徴です。オリックス銀行は、山一証券の破たんによってオリックス(http://www.orix.co.jp/grp/)が譲り受けた信託です。そこで、信託銀行の一つとして性格をもっています。

オリックス銀行は、無店舗型の銀行といった信託であるため、法人だけでなく、個人の利用者にとっても活用しやすい銀行となってきました。そのことから、オリックス銀行は、預金においては高い金利が得られる銀行とされています。また、オリックス銀行に預金をすると、信託を活かした信託銀行ならではの利益が得られるといったメリットをもっているのです。