オリックス銀行は預金に有利な信託銀行

オリックス銀行の特徴

オリックス銀行は、得意な分野においてサービスを提供することにより、他の一般銀行や都市銀行とは違った特色を上がることに成功しているといってもよいでしょう。また、オリックス銀行では、インターネットを使った取引を主とする銀行であることから、他のインターネット銀行のように、店舗をもっていません。

さらに、自社ではATMを設置せず、キャッシュカードもないのですが、その見返りとして魅力ある金融商品の開発などを行なっているようです。このような経営方法では、多くのコストを削減することができます。その分を利用者に還元できる銀行ということを宣伝し、他の銀行とは違った銀行スタイルをもつものとなっています。

オリックス銀行は無店舗であるので、顔が見えない銀行のようですが、商品やサービスの違いに合わせて対面取引を取り入れていることから、安心感を保つことができる銀行ともされています。

オリックス銀行では、預金やカードローンといったサービスは、インターネットや電話で申し込みや契約の取引となっているのですが、プライバシーを考えると理想的な取引の仕方といってもよいでしょう。

住宅ローンや法人融資においては、対面取引が中心となるので、単にインターネット銀行とは違ったことを特徴となっています。そして、オリックス銀行は、これらのサービスのうち、特定分野であるネット専用定期預「eダイレクト預金」やカードローンや住宅ローンなどを主力商品として、多くの顧客に人気があるとされています。