オリックス銀行は預金に有利な信託銀行

オリックス銀行のデメリット

オリックス銀行には店舗がありません。オリックス銀行では、ローンプラザといったローンを対象とした出張所がありますが、店舗自体はありませんので、もしものときは直接対応してくれることがないということをデメリットとしています。

また、オリックス銀行は店舗がないだけでなく、金融商品の品質向上を優先することから、キャッシュカードといったものもありません。そこで、オリックス銀行は、一般銀行やカードを発行するインターネット銀行と比べても不便さがあるのです。これが、オリックス銀行のデメリットとして上げられているところあることから、利用しづらいと考える人がいるようです。

しかし、これらは、オリックス銀行が、信託を扱う(http://www.shintaku-kyokai.or.jp/trust/)銀行として金融商品の開発を優先にすることに関係しているゆえに起こることであるとされています。これについては理解する必要があるとされています。

また銀行に店舗がないことは、突然のトラブルにおいて不便なものとなるものです。利用者からみると銀行としてはよいものとは感じません。つまり、トラブルに対して直接解決することができないため、まったくの無店舗銀行は不安になるものとなるのです。

しかし、キャッシュカードを作成しない銀行であることから、トラブルについては、カードの盗難や紛失といったトラブルはないとされています。そこで、オリックス銀行で起こるトラブルは、限られたものとなることが考えられることから、無店舗経営で済むということになるのでしょう。