青森最大の地方銀行・青森銀行

青森銀行について

青森銀行は、青森最大の地方銀行として知られています。地元では「青銀」、「あおぎん」として親しまれている銀行です。現在、青森銀行は、青森のほとんどの市町村において指定金融機関となっています。青森の10都市についても指定金融機関とするなど、青森銀行は、青森県において重要な銀行の一つとなっているのです。

そして、青森銀行は、このニーズに対応するために、青森県の各市町村に支店を置いています。

青森銀行は、明治12年に弘前において第五十九国立銀行として開業しました。そして、明治時代に民間の普通銀行となってからは株式会社第五十九銀行となっています。

さらに、戦中、銀行は一県一行に整理されたことから、青森では昭和18年、第五十九銀行は八戸銀行、津軽銀行、板柳銀行、青森銀行と合併し、株式会社青森銀行を設立することになりました。これにより、青森の中核的な銀行として、青森銀行の原型ができることになったのです。このときから、青森銀行は、青森県青森市に本店を置く地方銀行となり、新たな展開を見せるようになりました。

昭和50年、青森銀行は、東京証券取引所の第一部に上場を達成しています。これを機会に青森県ではメインバンクとしての規模と機能をもつようになったのです。そのことから、現在、青森銀行は「Personal Main Bank AOGIN(パーソナル メイン バンク あおぎん)」といったスローガンを掲げる企業として独自の存在感を示すようになっています。

青森銀行は1980年頃からロゴ書体が変更されています。さらにシンボルマークも使われるようになりました。このように、青森銀行の特色を表すようになり、青森銀行は、今では地元経済において重要な役割をもつ金融機関となったのです。