青森最大の地方銀行・青森銀行

青森銀行のメリット

青森銀行は、青森を拠点とする銀行で、地元では多くの利用者がいます。青森銀行の支店についても青森県内に多くあることが特徴となっています。そのことから、青森銀行は、青森県民においては利便性の高い銀行といったことをメリットとしています。

青森銀行は、最近、インターネットバンキングを導入することになり、多くの利用者は、店舗に出向くことなく、自宅や勤務先からパソコンやインターネットを使って銀行取引ができるようになりました。どこからでもアクセスして取引が行えるようになったのです。

この青森銀行のインターネットバンキングは、「つないでネっと」と呼ばれ、年中、夜9時まで利用することができます。このサービスを活用すると、店舗取引の手間を省くことができ、コストや時間を軽減することができるようになることから、利便性の向上が期待されています。

さらに、青森銀行では、経営者に役立つインターネットを活用したサービスがあります。インターネットサービス「WingWeb24」は、ビジネスにおけるインターネットの利点を活かしたビジネスサポートが利用できることがメリットとなっています。このサービスでは、年会費38,880円で、24時間、いつでも利用できることが特徴です。このように、青森銀行では、独自の経営者向けサービスが充実しています。

また、青森銀行は、セキュリティ面においてもメリットが見られます。2007年からは、生体認証機能付のICキャッシュカードの導入がはじまりました。全てのATMが生体認証対応となり、「手のひら静脈方式」を採用した生体認証では、セキュリティにおいて大きな向上が見られるようになったのです。

なお、この生体認証機能付のICキャッシュカードについては、個人申し込みに限られていますが、利便性の向上が期待できるものとなっています。