青森最大の地方銀行・青森銀行

青森銀行の活用法

青森銀行は、ほとんど青森県内に店舗をもっています。また、ATMついては青森県内に多く設置しています。これは、青森に居住する人や青森で働く人にとっては非常に利用しやすくなっているといってよいでしょう。

青森銀行は青森では古い銀行で、長く青森経済を支えてきた銀行です。青森では、最大の地方銀行となった現在でも多くの地元企業がメインバンクとするなど、青森では昔から親しまれている銀行です。

青森で店舗やATMを多く設置している青森銀行は、ATMの利用においては特にメリットをもつようになっています。青森銀行では、提携ATMサービスが利用できます。青森銀行のキャッシュカードでは、岩手銀行、秋田銀行、北海道銀行、北洋銀行のATMにおいて無料で現金の引き出しができるようになります。

さらに、青森銀行では、銀行以外の金融機関と提携を行うことにより、青い森信用金庫、東奥信用金庫(http://www.shinkin.co.jp/toshin/)青森県信用組合(http://www.aomoriken.shinkumi.co.jp/)、東北労働金庫のATMの利用において平日無料で現金引出ができるのです。このように、青森銀行は、他の金融機関との提携業務を増やすことによって、キャッシュカード利用によるATMの利用を便利なものとしています。

青森銀行のキャッシュカードの利用では、現在のところ、北海道、北東北において利用しやすくなっていることが特徴です。これにより、青森銀行の利用による利便性が向上するようになっています。

また、キャッシュカードについては、法人カードにおいても活用次第で青森周辺では使いやすい銀行となります。青森のほか、北海道や岩手、秋田のATMが活用できるようになることから、会社でも便利に使える銀行なのです。

なお、青森では、民営化したゆうちょ銀行と競争が激化したことから、ライバル銀行であるみちのく銀行とATMの共同利用を行っています。このように、青森銀行では、提携金融機関を増やすことによって利便性を向上し、地方銀行ならではの弱点の克服を試みています。