お得なサービスが充実している福岡銀行

福岡銀行の住宅ローンと不動産ローンの内容

福岡銀行は、多くのローンサービスを扱う金融機関です。中でも住宅や不動産に関するローンサービスが充実していることが特徴であり、この銀行には、住宅ローンや不動産ローンなどの顧客のニーズにあわせた専用ローンがあります。

福岡銀行の住宅ローンは、利用者のニーズに合わせて3つのプランを用意しています。住宅ローンには、変動金利型と固定金利型とミックスプランがあります。変動金利型は、年2回適用金利を見直します。これは急な金利変動に対応できる方法であり、金利が上がってもすぐに返済額が上がらないため、しばらくの間は一定の金額で返済できます。

そして、固定金利型は、返済額が変わらない返済方法であり、金利上昇があっても影響を受けないため、安定した返済計画が立てられます。固定金利型には、すべての期間を固定金利とする全期間固定金利型タイプのものと、一定期間だけ固定金利の固定金利型タイプのものがあります。一定期間だけの固定金利型では、固定金利期間が終ったあとでも固定金利型が続けられるほか、変動金利型に変えることもできます。固定金利型を継続する場合は、現在の適用金利となります。

ミックスプランは、固定金利と変動金利をあわせた返済プランです。この返済方法は、低金利を活用することにより、将来の金利上昇による返済負担を軽くする効果があります。変動金利と固定金利とも金利方式の変更が可能です。そのため、固定金利と変動金利の利点を活かして住宅ローンの返済に役立てることができます。

ほかにも福岡銀行には不動産関連のローンサービスがあります。リフォーム関連では、リフォームローンの「かいぞうくん」があり、部屋や水まわりのリフォームや太陽光発電システムの設置などの住宅リフォームのためのローンとして、急に必要になったリフォームにも利用可能です。

また、このローンには、リフォームでも利用できる「住宅ローン一本勝負」があります。これは最高1,500万円まで担保不要で借りることができます。さらに、使い道自由なローンのリバースモーゲージがあり、これは住宅のバリアフリー化の資金として、一般のローンが審査の対象としていない工事などに活用できます。

福岡銀行では、アパート経営やアパートローンの借換えのために利用できるふくぎん「アパートローン」もあります。このローンの金利タイプは、変動金利と固定金利が自由に選択できることが特徴です。返済期間は最長30年であるため、長期固定金利での返済も可能です。

また、マンション向けローンには「FFGマンション共用部分リフォームローン」があります。このローンは、マンション共用部分の補修や改修などの工事費を調達するときに役立つもので、借りられる金額は、工事費の80%または一戸150万円×戸数分のいずれか金額の小さいほうとなります。

なお、FFGマンション共用部分リフォームローンでは、マンション物件の工事費用として理事長が借り入れ手続きを行い、管理組合が借入者となります。